日商簿記1級を独学で取得~合格へのロードを歩く~

勉強

難関試験に挑戦しよう

簿記

日商簿記1級の難しさはかなりのものです。2級までは独学でも何とかなりますが、同じように1級も、と考えると必ず痛い目を見ます。そのため独学で挑戦するのであれば時間管理能力と強い意志、そして優れたテキストが必須となります。

自力で合格

簿記

日商簿記1級は通信講座も多数の会社が開いていますが、独学でも取得することができます。その方法としては、まず参考書と過去問題集を用意し、参考書の内容がしっかり頭に入ったら過去問題集を解くようにしましょう。

簿記検定で合格するために

難易度が高い日商簿記1級を独学で目指すことができる学習方法があります。キャリアアップを考えている人には必見です。

資格取得のメリット

電卓

個人経営から大企業の決算において必ず使われているのが簿記です。世の中で生活していく上において欠かせない存在であり、簿記の資格取得は社会において重宝されることになるのです。 簿記検定の中でも最高峰と言われるのが日本商工会議所が主催している日商簿記検定です。最高峰の最難関である日商簿記1級の資格を持っていることで転職や昇進、報酬アップに繋がりますし、税理士の受験資格にもなるのです。また有名大学への推薦枠として日商簿記1級を儲けているところもあるので人生の選択幅が広がります。 しかし日商簿記は先述したように最高峰の最難関であり、合格するには相当の勉強時間を費やし効果的に行わなければなりません。そのために日商簿記1級合格のための教育機関として予備校や通信教育などを活用するのがベストなのですが、勉強の取り組み方によっては独学だけで合格することも可能なのです。

一人で勉強するための準備

最難関の日商簿記1級を取得するのに独学だけで取り組むのは心もとないと思われるかも知れません。それでも独学だけで合格したという報告もあります。むしろ他の教育機関を利用しないことで拘束される煩わしさもなく伸び伸びと勉強に打ち込めるのではないでしょうか。 独学を行う上で取り組んでおきたいのが参考書よりは過去問題集です。目指すは幅広い知識の習得より合格することを優先しなければなりませんので、ここ最近の出題傾向を把握し、効率良く勉強に取り組むことが必要です。過去問題集を重点的にやる大きな理由はモチベーションの維持です。独学という勉強手法は仲間や教師もいない中で途切れがちな自分の集中力を維持させるかが課題なのです。集中するためには問題集をテスト形式で解いていく、これが集中力を付け、学習の向上に繋がるのです。 日商簿記1級のような難関試験に合格するためにはいかに長く勉強したかではなく効率良く勉強したかにかかってきますので集中力を削がないための勉強方法が大事であると言えるのです。

難関資格でも基本は同じ

簿記

日商簿記1級を独学で合格するのは大変ですが、決して不可能ではありません。勉強のモチベーションを維持し、自分に合った問題集を短いサイクルで反復して解くことで知識の定着を図りましょう。分からない問題でもすぐに解答を見ずにしばらく手を動かして考えてみることが重要です。